新車購入ローンの金利を比較!マイカーローンと残クレのどっちが安い?

新車購入資金の頭金以外はローンを組むことになります。資金の借入れは、マイカーローンと残クレのどっちがお得価が分かります。金利が安いマイカーローンなどを紹介しています。

メリット

残価設定クレジットのメリットについて

残価設定型クレジットのメリットについて考えてみました。

最大のメリットは何と言っても、月々の返済額を抑えることができることです。

通常のローンは総返済額を毎月支払っていく形になりますが、残価設定型クレジットでは下取り価格分を差し引いた金額(残価)を分割していくことになります。

残価設定が50%であれば、残りの50%分を分割して払っていくので毎月の支払い額が少なくて済むのです。

 

しかし最終的には、最終支払い時に残価の請求は来るので支払うか車を下取りに出すかを選択しなければなりません。

しかも最終回に残価分が設定されているので、金利としては一般的なローンと同じように総返済額分の利息がかかります。

分割払いする50%の金額だけ金利がかかるように思われがちですが、それは間違いです。

車を購入するならば、返済額が少ない数年間でお金を貯めるなりしておかないといけません。

 

他のメリットとしては、車を乗り換える予定がある場合は用意する現金が少なくて済みます。

例えば小さな子供がいて3年後には大きな車に乗り換える必要がある場合、それまでは残価設定型クレジットで小型車を購入し3年後にファミリーカーに乗り換えるという方法が可能になります。

3年後の乗り換え時に、残価の分が下取り価格として適用されるのでファミリーカー購入金額を値引きすることが可能になります。

ただし、その3年間の間で規定走行距離を越えたり、事故や傷をつけてしまったりするとペナルティとして料金が発生するので注意が必要です。

残価設定型クレジットはメリットが多いように思いますが、人によってはメリット以上のデメリットを感じる場合もあります。

デメリットについては他のページで説明しているので、そちらの方をしっかりと読んでみてください。

 

このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る

Page Top